mantaの建築・アート巡り

mantaです。普段は建築学生やってます。趣味は芸術鑑賞、建築巡りなど。

ブリューゲル「バベルの塔」展~壮大な風景と緻密に描かれた人々~

上野公園の東京都美術館で開催されているバベルの塔」展に行ってきました。

f:id:kyng-archi:20170701113350j:plain

 

ピーテル・ブリューゲル1世とは

ピーテル・ブリューゲル(1526/1530頃~1569)は、16世紀ネーデルラント絵画を代表する巨匠です。ネーデルラントとは、現在のオランダとベルギーを合わせた地域のことです。この一帯は、イタリアルネサンスに匹敵する「北方ルネサンス美術」の中心地で、15~16世紀に数多くの優れた作家を輩出し、油彩、版画、彫刻などの美術文化が開花しました。ブリューゲルは、聖書の物語を描く宗教画や、人々の暮らしを描く風俗画で有名です。ちなみに、自分の子に同じ名前を付けているので、ブリューゲル(父)やブリューゲル1世と表記して区別します。

 

ヒエロニムス・ボスとは

ヒエロニムス・ボス(1450頃~1516)もブリューゲルと同じくネーデルラントの画家です。地獄の情景や妖怪を創造力豊かに描き、奇想の画家と呼ばれています。この画風を真似る画家も多く現れ、ブリューゲルもその一人でした。本展覧会でもブリューゲルの版画が展示されていて、ことわざをモチーフにしたユーモアのある作品が並んでいました。

 

バベルの塔」とは

バベルの塔旧約聖書の創世記中の物語に登場する塔です。以下、会場で訳されていたものの引用です。

世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。

聖書「創世記」11章1~9節(新共同訳)

実際に見てみるとかなり細密でした。巨大な塔、遠方の風景と3mmほどの人々の行動が同時に描かれていたのが驚きでした。また、3DCGの映像や拡大された複製画などが用意されていて非常にわかりやすかったです。

 

まとめ

教科書にも登場するブリューゲルはやはりかなり人気のようで、会場は大混雑でした。会期はそろそろ終わってしまいますが、ぜひ一度は生で見てみてください。

 

babel2017.jp

[住所]東京都台東区上野公園8-36

[電話]03-5777-8600

[開室時間]9:30~17:30

[休館日]月曜日

[観覧料]一般1600円/大学生1300円/高校生800円/65歳以上1000円

「すみだ北斎美術館」~世界に誇れる葛飾北斎の絵画~

葛飾北斎ゆかりの地、東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」へ行ってきました。

 

北斎美術館はJR総武線両国駅から徒歩10分ほど。途中には、ダイナミックな江戸東京博物館があります。

f:id:kyng-archi:20170617134212j:plain

 

建物の外観

建物の設計は、金沢21世紀美術館などで知られる妹島和世氏によるものです。公園に隣接していたり、建物の通路が敷地の四方に開いていたりと、公園や地域と一体となった美術館です。

f:id:kyng-archi:20170617135031j:plain

一見、圧迫感のあるように感じますが、近くまで行くと建物の割れ目から建物内部が見えて引き込まれます。

f:id:kyng-archi:20170617140116j:plain

 

北斎美術館とは

葛飾北斎(1760~1849)は現在の墨田区亀沢に生まれ、およそ90年の生涯のほとんどを墨田区内で暮らしたそうです。 墨田区では、この葛飾北斎とすみだとの関係を発信していくべく「すみだ北斎美術館」が開設されました。墨田区が収集した作品に加え、ピーター・モース(大森貝塚を発見したエドワード・モースの弟のひ孫)などの研究者から譲り受けた資料が収蔵されています。

 

常設展

常設展では、葛飾北斎の作品が年代順に並んでいます。各作品に、描かれている場所や解説がタッチパネルで見れるようになっています。誰もが一度は見たことのある、富嶽三十六景も高精細レプリカですが展示されています。また、錦絵の描かれる工程も詳しく解説されていました。

 

企画展

企画展は「てくてく東海道北斎と旅する五十三次-」が開催されていました。東海道五十三次といえば歌川広重ですが、葛飾北斎東海道を旅し、その作品が展示されていました。歌川広重は風景画を描くことが多いのに対し、葛飾北斎はその土地の名産品や職人を描いていたそうです。

次の企画展は「北斎×富士 ~富嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~」で、期間は6月27日~8月20日です。季節、時間、天候、場所などで見え方が変わる富士山を描き分ける、北斎の技法を観ることができます。

 

まとめ

すみだ北斎美術館では、葛飾北斎の作品を観るだけでなく、浮世絵や錦絵などの日本絵画の魅力にも触れられます。ぜひ、訪れてみてください。

 

hokusai-museum.jp

[住所]東京都墨田区亀沢2-7-2

[電話]03-5777-8600

[開館時間]9:30-17:30

[休館日]月曜日

[常設展観覧料]一般400円/高校生・大学生・65歳以上300円

「ホキ美術館」~写真よりもリアルな絵画!?~

建物外観が奇抜と話題な「ホキ美術館」へ行ってきました。

ホキ美術館へはJR外房線の土気(とけ)駅からバスで5分ほど。しかし、1時間に2本しかない。そんなに遠くなさそうだったので、歩いていくことに。20分ほどで到着。

f:id:kyng-archi:20170610232251j:plain

思ってたより住宅街にあったので突然現れました笑

 

建物の外観

入口から敷地に入るとこのカーブを通ります。ツンツン立った鉄骨は柵の機能を持つもの。いかにも美術館らしいです。右手には壁越しに昭和の森が見えます。

f:id:kyng-archi:20170611000519j:plain

建物の正面にまわってみるとこんな感じ。

f:id:kyng-archi:20170610232916j:plain

この突き出したギャラリー、実は結構長い。

f:id:kyng-archi:20170610233219j:plain

建物の設計は日建設計。やはり凄いです。これだけでも来た甲斐はありますが、そろそろ中に入りましょう笑

 

ホキ美術館とは

ホキ美術館は写実絵画の精密画専門の美術館であり、とても珍しいです。というのも、ホキというのは館長の保木氏という名前から来ていて、個人が収集し展示しているのでかなりニッチなところをついています。

ここの写実絵画は写真のようだと言われますが、実際に見てみると写真よりもリアル笑。川の流れとか生き物のアップとかは動き出しそうだし、風景画では本当にそこに立っている様にも感じます。誰でも楽しめるのではないでしょうか。

 

私のお気に入り

私が気に入ったのは、森本草介氏の絵画。女性を描いた絵画が何枚かあったのですが、どれも色使いが優しくて理想の自然体って感覚です。

 

まとめ

ホキ美術館は少しアクセスしづらいかもしれませんが、建物や絵画は今までに見たことがないものでしょう。ぜひ、一度は訪れてみてください。

 

www.hoki-museum.jp

[住所]千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

[電話]043-205-1500

[開館時間]10:00-17:30

[休館日]火曜日

[入館料]一般1800円/高・大生・65歳以上1300円/中学生900円